FC2ブログ

記事一覧

「はだしのゲン」シリーズ9。敵も味方も同じ人間であり家族がいた。

「はだしのゲン」シリーズ9。敵も味方も同じ人間であり家族がいた。

 ―本当に罪深いのは、罪もない人々を憎み合わせ、隣国に侵略戦争を仕掛けさせた戦争犯罪人である―


はだしのゲンは、世界中に翻訳されて紹介されている、日本の侵略戦争当時の真実の歴史を、戦争と被爆を体験した生き証人である著者が記録した芸術作品です。

以下はブログ平和を願う市民の集いからお借りしました。

中公文庫コミック版 中沢啓治 作 「はだしのゲン」より。

img177.jpg


img178.jpg


img179.jpg


img180.jpg


img181.jpg


img182.jpg


img183.jpg


img184.jpg


img185.jpg


img186.jpg


img187.jpg


 安倍晋三と与党と右翼は、「国防のためだ」と称して軍備増強を進めていますが、最良の国防は、戦争が起きないようにする平和外交であり、近隣諸国との友好関係構築のはずです

 安倍と右翼団体「日本会議」「日本青年会議」「美しい日本を創る会」は、こぞって、
「日本人だけが優秀な民族であり、韓国・北朝鮮・中国の人間は屑だ、劣っている」という民族差別・人種差別を吹聴し、互いの国民達が憎みあうように仕向けています。
 こんな事を繰り返していたならば、最後には戦争になるでしょう。

 現実には、学生が奨学金ローンで一生涯苦しむようにしたのも、若者たちが非正規雇用者となって、結婚し子供を育てられる経済的基盤すらなくなるように仕向けたのも、過労死するまで労働時間を延長しようとしているのも、高齢者や病者の福祉をカットして、家族が経済的にも肉体的にも疲弊するようにしたのも、全ては安倍晋三と与党と右翼の仕業であって、中国や韓国、北朝鮮の人々が、これらの悪法を強行採決したことなど、ただの一度もありませんし、イスラム教徒の人々が、大企業にだけ国民の血税が流れ込むようにしたこともないのです。

 私達が本当に憎むべきなのは、安倍晋三と与党と右翼による悪政であり、中国や韓国、北朝鮮やイスラム教徒など、私達国民の不幸とは何の関係もないのです。

 戦争中もそうでした。

 日本が侵略戦争に踏み切り、罪もないアメリカの若者たちを700人以上も虐殺するまでは、日本の人々にアメリカやイギリスの人々とは、何の利害関係もなかったのです。
 日本の人々に戦争を強制したのは、「国防のためだ」と称し、軍国主義で国民を洗脳し、近隣諸国や欧米、戦争に反対する人々を憎むように仕向けた、安倍晋三の祖父、岸信介のような戦争犯罪人達だったのです。

 当時の政府は、戦争によって日本の国民が食料にも事欠くようにしたくせに、生きるためにヤミの物資を買い出しに行った人々は、政府の犬でしかなかった警察隊や憲兵に暴力を振るわれ、ようやく得た食料さえも奪い取られてしまったのです。

 この図式は、国家予算を大企業と安倍の取り巻きだけに横流しして、国民の窮乏を招いておきながら、さらに軍事費を増額して、国民の福祉をカットし続けている安倍晋三と与党と右翼の手口と全く同じなのです。

 卑劣にも、戦争当時の戦犯共は、国民の鬱憤や怒りや不満の矛先を、本来何の罪もない近隣諸国や欧米の人々を憎悪させるよう仕向ける事で、国民の怒りが戦争犯罪人や政府に向かわないようにしていました。

 今の安倍晋三と与党と右翼が、国民の怒りと憎しみが政府や右翼に向かわないように、中国や韓国や北朝鮮へのバッシングによって、国民の不幸とは全く無関係な外国に向かうように仕向け、あわよくば戦争の危機を演出して、軍国主義独裁者である安倍と与党と右翼とが、「永遠の与党」として国民を奴隷化して君臨し、徹底的に搾り取ろうとしているのと全く同じなのです。

 360万人もの日本の国民を戦争で死なせた恥ずべき戦争犯罪人である岸信介の孫である、戦後最悪の総理大臣、安倍晋三をはじめ、麻生、右翼団体である「日本会議」、「日本青年会議」、ネトウヨなどの恥知らずの嘘付き共が、

「日本は侵略戦争などしなかった」

「中国・韓国には一切、日本は悪い事をしていなかった」

「中国・韓国は劣っていて、日本だけが世界一だ」


 などなど、腐りきった戯言を吹聴しています。

 けれどもこの人間の屑であり日本の恥である連中は、一人の例外も無く、実際にはアジア太平洋戦争を経験していません。
 右翼に洗脳された戯言を吐き散らしているだけです。カルト教団、オウム真理教の信者同様に。

 一方、はだしのゲンの作者は、自身が実際に戦争を体験し、広島市で原爆の悲劇を目の当たりにした生き証人です。

 戦争を知らず、平和ボケした右翼や安倍晋三などの人間の屑共と、実際に原爆に被爆して、地上の地獄絵図を目撃した「はだしのゲン」の作者、そのどちらが、信頼するに足ると言えるでしょうか?

 安倍晋三が森友・加計学園疑獄の真犯人である事は全ての物的証拠と金の流れが証明しており、共犯者である佐川や柳瀬もまた、国会での証言によりあらん限り安倍をかばった事によって、やはり犯行に加担した犯罪者であることが証明されました。

 皆さんは、嘘を吐くしか能のない右翼や政治家共、安倍晋三や佐川や柳瀬と、実際に戦争の現実の生き証人の記録、そのどちらが、本当に信じるに値するとお考えになるでしょう?


「平和を願う市民の集い」は、一切組織化されておりません。平和を願う人々が、国籍や民族、宗教を問わず、それぞれの感じた事、得た情報を投稿し、良いと思えばコピペして自分のブログで紹介したり、好きなように加筆して解説・評価しているだけの存在です。
 ですから、読者の皆さんも、御自由に文章や写真などをコピペして、世界の平和と核兵器廃絶のために御紹介頂きたく存じます。




世界から見た日本



以下はブログリュウマの遺言からお借りしました。

 日本は「死に体内閣だ」、と他国から見られている。「蚊帳の外」ともいわれるが、これだけの問題を抱えれば、世論が政権交代を求めるだろうと分析されている。日本国内向けには「はったりをかます」手法が今も効果があって、いかにもなにか外国と交渉できているような錯覚を国民に与えている。もちろん、マスコミも大いに手助けをしているのだが…。

 安倍、麻生、河野以外の誰かを首班とし、外交交渉をすれば、中国とは1年以上先ではなくて、3ヶ月以内程度で「首脳会談」が持てようし、北朝鮮とも「首脳会談」を1,2ヶ月で開くことが可能だろう。その程度の外交停滞がずっと続いているということだ。

 「森友、加計問題」「日報隠蔽」「議事録の改竄」という最近の日本での出来事を見ていると、日本の公文書への信頼性が失われた、ということだ。それに対する一部国民の、
「政府(日本)に都合よく改竄して何が悪い?」というような態度が、信用失墜に一層輪をかけている。こういう風潮は、今後の日本の外交力に大きな支障になってくる。国内問題ですむはずが無い。

                                    鮫島浩‏ @SamejimaH

 違法でなければ虚偽答弁しても公文書改竄してもセクハラしても許されるという意識が政治家や官僚に蔓延している。公職者のモラル崩壊は極限まできた。法規制は一般に慎重であるべきだが、もはや「虚偽答弁罪」「公文書改竄罪」「公職者セクハラ罪」をつくるしかないレベルだ。

20180513182130218[1]

  Jアラートの全国一斉情報伝達訓練の実施   (5月16日実施)

 けん‏ @KSN1HybmjjiCMoQ

もはや、支持率回復の最後の頼みがJアラートか
最後のバカの証明アラートになるとも知らず

                                      Kouhei Matsuda‏

 日本が北朝鮮よりも早く東アジアの安全保障保証から孤立する時期が来るとは驚いた。あの「雉の隠」をさせられたJアラートはなんだったのか。これでも安倍外交を賛美する人がいたとしたら、それは国を滅ぼすほどの愚か者であろう。

 この構想が発表されたときから、こんなばかげた行事には参加しない、と言ってきた。しかし、学校などでやらされると参加しないわけには行くまいが、そういう子どもたちは知らず知らずに「朝鮮は悪い国」と刷り込まれていく。国民一人一人が、こういうばかげた行事には参加しない態度を示すしかない。参加者『0』ならばその内やめるだろう。国が決めたことになぜ参加しないのだ、というようなおかしな方も居るだろうが、あれほど鳴り物入りの「プレミアムフライデー」を、その方が実行しているかどうか聞いたらいい。バカな政策は定着しないし、参加するものも居ない。

 「戦争をしない国家」を憲法を変えずに「戦争できる国家」に変えてきた安倍政権。表向きの理由は、
「北朝鮮」「中国」という無法者国家が『明日攻めてきたらどうするのだ。』という脅しを前提にしている。まあ、はっきりいえば『明日攻めてきたら』手の打ちようが無いわけで、では逆に明日攻めてくるのか、「いつ攻めてくるのか」と問いたい。数年後なら対策はできようが、それ以前なら対策はできまい。また3千年後なら「今対策する必要は無い」。
「戦争を起こさない」ことを前提に外交を進めていかねばならない。ところが、この政権と支持者たちは、軍事力を背景にした外交でないと、相手を従わせることができないと思っている。そりゃあ、従わせることはできないだろうが、両者が妥協できるところを妥協して、交際していかねばならないということだ。一般社会でも当たり前の考えだろうに…。アメリカにもFOXテレビがあり、日本だけの現象ではないのかもしれないが、「マスコミの権力監視機能」がおちている。テレビの影響は日本では大きい。

                                      KK‏ @Trapelus

【困った時のフジ頼み】
 安倍首相が夕方ニュースに〝緊急出演〟内容ゼロの40分間 安保法で支持率ガタ落ちの際も・・・ 窮地に陥ると、いつもこのパターンだ 都合よくメディアを利用する安倍と、権力者の言い分を垂れ流すメディアのもたれ合いは、醜悪きわまりない(日刊ゲンダイ)

20180513191753ab7[1]

 大まかに、3割程度の国民が世界から見ると「ウルトラライト(極右)思想」に賛同している。日常的に刷り込みが行われているから、こういう状況が急に改まるとは思えない。改まるとするならば、何らかの『外圧』に屈したときだろう。そんな世の中を『近頃京大に流行る物』が端的に表している。『戦前に戻った』と……

20180513190151022[1]

 近頃京大に流行る物    久我山 菜々さんのツイートから




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takiginohmotomas

Author:takiginohmotomas
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター

カウンター

現在の閲覧者数: