FC2ブログ

記事一覧

「はだしのゲン」シリーズ3。日本が侵略戦争でやった事;近隣諸国への差別と残虐行為

「はだしのゲン」シリーズ3。日本が侵略戦争でやった事;近隣諸国への差別と残虐行為

  ―「はだしのゲンに学ぶ」真実の日本の歴史―


以下はブログ平和を願う市民の集いからお借りしました。

はだしのゲンは、世界中に翻訳されて紹介されている、日本の侵略戦争当時の真実の歴史を記録した芸術作品です。

 今の右翼は、360万人もの日本の国民を戦争で死なせた恥ずべき戦争犯罪人である岸信介の孫である戦後最悪の総理大臣、安倍晋三をはじめ、麻生、右翼団体である「日本会議」、「日本青年会議」、ネトウヨなどの恥知らずの嘘付き共が、

「日本は侵略戦争などしなかった」

「中国・韓国には一切、日本は悪い事をしていなかった」

「中国・韓国は劣っていて、日本だけが世界一だ」


 などなど、腐りきった戯言を吹聴しています。

 けれどもこの人間の屑であり日本の恥である連中は、一人の例外も無く、実際にはアジア太平洋戦争を経験していません。
 右翼に洗脳された戯言を吐き散らしているだけです。カルト教団、オウム真理教の信者同様に。

 一方、はだしのゲンの作者は、自身が実際に戦争を体験し、広島市で原爆の悲劇を目の当たりにした生き証人です。

 戦争を知らず、平和ボケした右翼や安倍晋三などの人間の屑共と、実際に原爆に被爆して、地上の地獄絵図を目撃した「はだしのゲン」の作者、そのどちらが、信頼するに足ると言えるでしょうか?

 安倍晋三が森友・加計学園疑獄の真犯人である事は全ての物的証拠と金の流れが証明しており、共犯者である佐川もまた、国会での証言によりあらん限り安倍をかばった事によって、やはり犯行に加担した犯罪者であることが証明されました。

 皆さんは、嘘を吐くしか能のない右翼や政治家共、安倍晋三や佐川と、実際に戦争の現実の生き証人の記録、そのどちらが、本当に信じるに値するとお考えになるでしょう?

中公文庫コミック版 中沢啓治 作 はだしのゲンより。

img108.jpg


img109.jpg


img110.jpg


img111.jpg


「平和を願う市民の集い」は、一切組織化されておりません。平和を願う人々が、国籍や民族、宗教を問わず、それぞれの感じた事、得た情報を投稿し、良いと思えばコピペして自分のブログで紹介したり、好きなように加筆して解説・評価しているだけの存在です。
 ですから、読者の皆さんも、御自由に文章や写真などをコピペあるいは加筆して、世界の平和と核兵器廃絶のために御紹介頂きたく存じます。



迎撃できない迎撃システムに145億円支払う間抜けはだ~れだ?(笑)

  ―迎撃できない迎撃システム? 失笑、新型SM3、ミサイル迎撃実験に大失敗♡―


以下はブロガー正義のジャーナリストさんからお借りしました。

【ワシントン時事】より

 米国防総省ミサイル防衛局は31日、ハワイ州で、日米両国が共同開発中の迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の迎撃実験を行い、ものの見事に迎撃に失敗した(笑)。

 防衛局は愚かにも、それでも成否については言及を避けたが、複数の米メディアが「失敗した」と報じた
 SM3はハワイ・カウアイ島のミサイル施設から発射されたが、標的のミサイルを撃墜できなかった。呆れた事に、SM3ブロック2Aの実験失敗は、昨年6月に次いで2回連続! 同2月には偶然、成功していただけだったようである。
 日米両国は北朝鮮のミサイル開発に対抗するため、SM3ブロック2Aの開発を促進。海上自衛隊のイージス艦や陸上配備型システム「イージス・アショア」に配備される予定で、安倍晋三と米国務省は今月、日本にミサイル4発などを総額1億3300万ドル(約145億円)で売却することを承認していた。

 おやおや(笑) これはお笑いですな。「ミサイル迎撃ができないミサイル迎撃システム」?
――それって、一体、何の役に立つ冗談でしょうかね(笑)。

 漫才のネタにならなるでしょうね。

国民:「おい、北朝鮮からミサイルが飛んできたぞ!」
安倍:「大丈夫さッ♡ 僕ちゃんがアメリカと共同開発したSM3ブロック2Aを、
     145億円で買ってあるからね~」
国民:「……もしかしてそれって? あの『迎撃できない迎撃システム』じゃね?」
安倍:「大丈夫♡ 僕ちゃんはね、ちゃあ~んと、核シェルターに入っているから。
     SM3ブロック2Aが迎撃に失敗しても、僕ちゃんは無事で居られるよ~ん♡」
国民:「何だと、この野(ドッカーン!!!)……」
安倍:「おやおや、地上の国民は3,000人ばかり死んだのかあ~。
     ま、いいや。僕ちゃんは何にも困らないもんね~。
     そもそも北朝鮮を僕ちゃんが挑発したのは、北朝鮮と戦争するためだったんだよ~ん。
     日本の国民って、ほんとに間抜けだね~。笑っちゃう~」

 あっ、そうそう、知らない方が居られるかも知れないから言っておきますがね、核ミサイルを迎撃できるシステムは存在しませんよ

 こう考えてみて下さい。

 あなたに向かって、誰かがバケツの水をぶちまけました。あなたはピストルを持っています。それで水しぶきが防げるでしょうか?

 答えは「No!」、当然です。

 核ミサイルが日本の上空か日本海上空で「迎撃」され、空中で爆発したとしましょう。
 すると、バケツの水がぶちまけられた時みたいに、粉々になったミサイルの中身が、広範囲に日本に降り注ぎます。それこそ水のしぶきのように。

 言うまでもなく、ミサイルの中身は、超高濃度に濃縮された「ウラン」か「プルトニウム」です。核燃料以上に濃縮された核爆弾が飛散したなら、福島の原発事故以上の広範囲で、超高濃度の放射能が撒き散らされる事になるのです。
 当然、その土地では二度と再び人が住めなくなってしまいます。
 知らずに放射能を大量に浴びた人達は、広島原爆の炸裂後、放射線障害で死んだ犠牲者のように全員死ぬ事になるのです。
 日本は「核の島」と化し、誰も住めない死の島になるでしょう

 
 核ミサイルを「迎撃」する事は狂気の沙汰なのです。現代の科学技術の粋をもってしても、安倍のような右翼の間抜けが何をどう考えようとも、答えはいつも同じです。

「核戦争は防ぐべき物であって、戦い、防衛すべき物ではない。何故ならば、核による攻撃は、決して防衛できないからである」

 迎撃できない迎撃システム。おまけに迎撃実験さえも大失敗した欠陥システムを、バカの骨頂、安倍晋三は、嬉々として145億円も支払ってアメリカから買うそうです。

 こんな人間を首相にさせ続けて居たならば、日本の国民達は、命がいくつあっても足りないのではないでしょうか?

nighrmare-kim[1]

AJP20160906000200882_01_i[1]

maxresdefault[1]

baa_2018020208044788b.jpg

こいつらどこが違うだろう。

どっちの狂人も、

「ミサイルで戦争する事を狙っている」

「核武装を狙っている」

「どっちもどっち、独裁者」

「どちらもミサイル実験が大好き」




花と動物 「街角写真館」



inu.jpg


犬と人間

犬は戦争しないけど、
人間は戦争するんだね。

犬は原爆も原発も作らないけど、
人間は原爆も原発も作るんだ。

犬は民族差別をしないけど、
人間は民族差別しているね。

犬は独裁者にはならないけれど、
人間は独裁者になりたいんだね。

犬と人、
どっちが優れているのかな?


hato.jpg

平和と戦争

鳩は決して戦争しない。
平和を愛する生き物ですが、
人間は喜んで戦争し、
互いに殺し合うのです。


hana4.jpg

hana3.jpg

hana5.jpg

hana_201606272256478c6.jpg

hana1.jpg



花はこんなに美しいのに、
人間は何をしているんだろう?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takiginohmotomas

Author:takiginohmotomas
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター

カウンター

現在の閲覧者数: