FC2ブログ

記事一覧

「反日」こそが今の日本の真の愛国者。

「反日」こそが今の日本の真の愛国者。

―平和を願う人々を「偏向」と呼ぶ右翼団体。右翼にとっての「普通」とは、正常な精神を持つ国民には完全な「狂気」である―


以下はブログ平和を願う市民の集いからお借りしました。

「はだしのゲン」が偏向している――そう指摘したのは右翼団体に所属する自民党議員でした。

 加計学園疑獄において、
「日本にこれ以上獣医学部は必要ないし、そんな学部の新設のために巨額の国家予算を投入するのは間違っている」――そう事実を述べた前川氏は更迭されてしまい、名古屋の学校で講義をしただけで、右翼団体に所属する自民党議員から、同じく安倍に忖度する恥ずべき文部科学省に圧力が加えられ、結果、文科省が名古屋の学校に恫喝することになりました。
 河村市長だったからこそ、このおぞましい思想統制の事実が明るみに出たのでしょう。

 今の日本は、首相である安倍晋三が一言命令すれば、文書記録一切なしで一斉に下部機関が安倍に忖度し、平気で巨額の国家予算の横流しを実行し、それが当然だと言う完全な軍国主義独裁国家になり果ててしまっています。

「平和を維持しよう!」――誰かがそう叫ぶと、一斉にネトウヨが喚きます。

「国賊だ! 愛国心がない! 非国民だ! 反日だ!」と。

「戦争に反対する!」――勇気ある人々が主張すると、

「戦争できるようにするのが積極的平和主義だ! 国民が戦争できるように戦争法案を強行採決する! ありとあらゆる詭弁と嘘、証拠隠滅とメディア操作によって、国民をだまし黙らせる事が、
『国民に丁寧に説明し御理解頂く』事になるのだ!」――これが安倍晋三と右翼の手口です。

 戦争とは、女性も子供も、妊産婦も赤ん坊も、何の罪もないお爺さんやお婆さんも、働き盛りのお父さんやお母さんも、少年も少女も、恋人達も、一つの例外もなく大量に殺戮する事なのです。

 あなたがもしも、通り魔によってなぶり殺しにされたなら?

 もしもあなたの大切な恋人や夫や妻が、残酷に殺害された上、遺体をバラバラにされたなら?

 もしもあなたの父母や祖父母、あるいは子や孫達が、黒焦げの死体にされたなら?

 もしもあなたの大切な人達や、あるいはあなた御自身が、顔や手足に大やけどを負わされて、二目と見られない無残な顔にされ、手足も使い物にならなくされたなら?
 
 こうしたおよそ想像できる限りで最悪の残虐行為、殺人や肢体不自由など、人類にとっての最大の犯罪を、大量にそして執拗に繰り返す――それが戦争の本質です。

 罪もない人々、あなたやあなたの御家族、親族や友人知己のように、殺人や傷害など夢想にもしていなかった普通の人々が、何の落ち度もないのに虫けらのように虐殺される――それが戦争なのです。

 右翼は言います。

戦争に反対する連中は国賊であり非国民だ。愛国心がないと。

 けれども、右翼の言う国家、国とは一体何でしょう? 戦争になったら罪もない国民が大量に死ぬのに、何故、戦争に反対する事が、愛国心がない事になるのでしょう?

 民主主義を礎とする平和憲法の理念によれば、国家=一人一人の国民です。その定義によるならば、国民が誰一人死なないように、戦争に反対し、平和を求める事こそが、国民の命を守る事になりますから、最高最良、究極の、
愛国心と呼ばれて然るべきなのです。

 ならば何故、右翼は戦争に反対し、平和憲法を守れと叫び、平和を願う人々を「愛国心がない」と主張するのでしょう?
 
 それは、右翼にとっての「国家」が、決して一人一人の国民」ではなく、国家=独裁者と取り巻きの右翼であるからです。

 平和を願い戦争に反対する良心的な人々は、戦争を画策している安倍晋三や右翼団体のような連中の、
「戦争できるようにする」――その実は、
「国民に首相が戦争を強制できるようにする」ですが、これらの国民の命を犠牲にする悪辣な陰謀に反対しています。

 戦争を狙って国民の命を犠牲にしようとしている独裁者と右翼に逆らい反対する――それが「愛国心が無い」事になるのは、右翼と独裁者は、自分達こそが国家だと考えているからです。

「国家」=軍国主義独裁者とその飼い犬である右翼団体、そう安倍晋三と日本会議その他の右翼が考えているからこそ、安倍晋三や右翼に反発し、戦争を否定し、平和を願う心ある国民達に、
国=安倍晋三を愛する心が無い」即ち、「愛国心がない」と非難しているのです。

 権力者に尻尾を振って媚を売り、地獄の悪魔のような安倍晋三を奉り忖度して、自分達もおこぼれにあずかろうとする、地獄の最下層の餓鬼のような、良心の欠片もなく、人間としての尊厳も何もない豚以下の集団――それが安倍晋三と右翼と与党議員、そしてその補完勢力たる、ヤクザの息子橋下徹、日本維新の会の松本一郎、そして豚以下のチンピラ、東京の女狐、希望の党の小池百合子と取り巻きの議員達なのです。

 今の日本においては、国家=一人一人の尊い国民、そう考えて安倍晋三や右翼団体に反対し、平和憲法死守を叫び、戦争に反対している、

「反日勢力=日本イコール安倍晋三と取り巻きの右翼と考える右翼が、安倍に反対する人々を嫌悪して呼ぶ用語」

「パヨク=独裁者に反対する左翼思想を持つ人々を、独裁者の犬である右翼が侮辱する用語」

「平和主義者」

「共産党」

「非国民=右翼が民主主義をと平和を願う人々を、自分達独裁者と右翼を愛さない事を憎んで呼ぶ蔑称」

――これらの人々こそが、真の「愛国者」と呼ばれる価値がある勇気と良心の人々であるのです。

きりすと

仏陀

まつばぎく

02bravo[1]

あなたはどちらを選ぶのか?

愛と希望に満ち溢れ、
いかなる差別も存在しない、
平和の花咲く世界を選ぶのか?

悪意と殺意に塗りつぶされ、
差別意識に満ち満ちた、
腐敗臭漂う戦争を選ぶのか?



平和と自由への回帰がはじまる…☆

以下はブログTrans Princessからお借りしました。


雲隠れの自民党議員が“説明”

ご存知、前川さんへの嫌がらせを働いていた、
未成年女体盛り大好きさんたちの親玉ですが…☆
ヤフコメも日本会議=統一教会の工作員の力がかなり薄れており、
トップコメントにはこんな投稿が出ていますね。

20180322[1]

cru***** さん
なんであんなに半笑いだったんでしょう
あと喋り方
安倍チルドレンって日本会議で教育されてるんでしょうか。
この人の地元の意見って支援者だけでしょ?
自分に票を入れなかった人含めて地元を良くしたいと思っての行動とは思えません。
ちょっとテレビで寒気がした。


ma・・・さん内閣人事局は必要ない
そりゃ人事権もってりゃ忖度の原因になるよ


そう、これが極普通の日本人の、一般的な感情だと思いますよ。
この25年くらい吹き荒れた極右的思考の嵐とは何だったのかと言えば、
それは日本の国内にも埋め込まれたDeep Stateによる、
金と戦争とミディアを使った、人々がお互いに憎しみ会う社会を作り出す為の、
社会や文化の破壊工作であった事が、お分かり頂けると思います。

そのDeep Stateが破壊されようとしています。
勿論いきなり天国のような世界…になる訳では残念ながら無いのですが、
少なくとも日本で言えば1970年代から80年代まで位の、
平和の中で自由に物事が言える社会までは戻れると思います。

まずはそれ位で良いのではないでしょうかね?
あんまり聖人君主ばかりの世界ですと、わたしの様な人間は住めませんし、
それはそれで結構住み難いという方も、結構おられると思います…☆

そうなれば日本ももう一度、クオリティが上がるのではないでしょうか。
日本人は基本的に、自由な社会の中で、その能力を開花できると思います。
逆にあまり統制を厳しくされてしまうと、引き篭もって何もしなくなります。
日本で統制が大好きな支配層が台頭した時代、
日本は衰退期を迎えている…私はそう思います。



日本を覆った暗闇は、だんだん晴れていくでしょう。
ただちょっと残念なのは…
今回もまた、そのきっかけは外国からだった事です。
ブレクジット、トランプ政権、パククネ失脚、北朝鮮の方向転換…
それがあって今、こうして安倍たちの支配が倒れていくのですから…
これはどこかで、ちょっと反省会を開かなければいけないかもしれないです。


またいつか昭和初期の軍閥や安倍のような人間達が、
台頭してこないという保証はありません。
その時は自分達の力で闇を打ち払えるよう、
それ以前に、勃興しようとした段階で、その野望を潰してしまえる様に。


やはり民衆こそ、たくさん勉強するべきだと思います。
そうなれば、「衆愚政治」などという言葉は過去のものとなり、
本当の民主主義の社会がスタートするのですから…☆


無論、まだまだあの人たちの抵抗は続きます。
歴史を引き戻されないよう、注意していきましょう…☆

でもやる事はワンパターンなので、
このブログなどを通して学んできた知恵と経験を使って、
あの人たちの嘘を見破ってしまえば、
もう惑わされる事はないと思います…☆




ここからは備忘録的にリンクを貼った記事です、
一言二言、コメントも添えます…☆

近畿財務局内で「安倍事案」

赤旗へのリンクなど、滅多に無い事ですが…☆
共産党は反安倍の官僚たちとも密接に情報交換をしているように見えます。
おそらく、安倍有罪の絶対的証拠も、とっくに入手しているように思われます…☆



トランプ大統領、対中関税措置を22日発表 知財や技術侵害巡り

Deep Stateは中国の中にもいますからね。
特にトランプは、共産党解体・中国社会の自由化を狙っているように思えます。
経済的に行き詰まっている今が好機なのは確か…☆


イスラエルのシリア原子炉空爆(イスラエル紙ネットの分析)

正解はこの分析の全く逆だと思えばいいです。
ネヤニヤフは最後の切り札である解散総選挙を、なんと与党に封じられてしまいました。
米軍は中東から撤退する意思を明らかにしていますし…☆


野党、籠池被告と23日接見=佐川氏喚問に先立ち

この件、狙い澄ましたようなタイミングですね。
安倍政権の統制機能が、崩壊しつつある表れでしょう。
ただ、「良いおクスリ」を盛られていなければいいのですが…



「佐川さん、国民のために証言してくれ」 立憲・枝野氏

「消される」可能性、自殺の連鎖も…古賀茂明が「森友疑惑」に直言〈週刊朝日〉

国民の為、そして自分自身の生命を守る為にもね…
全部罪を被っても、それで明るい未来があるとは全く思えません。
それより全てを暴いてしまい、共産党へ身柄保護を申し出たほうが得策です。
まさに「緊急避難」です。 色々な方がこの方法を提言されていますが、わたしもお薦めします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takiginohmotomas

Author:takiginohmotomas
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター

カウンター

現在の閲覧者数: