FC2ブログ

記事一覧

フランスのマクロン大統領が徴兵制復活を画策 

フランスのマクロン大統領が徴兵制復活を画策 

   ―憲法9条改憲の持つ意味を考えよう―


以下は弁護士 猪野 亨のブログからお借りしました。

 フランスのマクロン大統領が徴兵制復活を言い出したのは、正直驚きました。

徴兵制復活へ 1カ月間、危機意識高める狙いか」(毎日新聞2018年1月20日)
「フランスのマクロン大統領は19日、仏南部トゥーロンで軍兵士らを前に演説を行い、
「国民が兵役に従事する仕組みを作りたい」と述べ、大統領選の公約に掲げた、若者に1カ月間の兵役を義務付ける徴兵制度を復活させる考えを示した。」

 意味合いとしては軍隊の体験ということのようですが、その目的は、
「危機意識高める狙い」と言われている通りであって、1ヶ月だけでは使い物になる兵士にはなり得ません。若者を実際に軍隊にぶち込むことこそが目的と言えますが、それは危機意識を煽ることによって政権維持という政治的思惑もあります。しかし、日本の国民は警戒すべきです。徴兵というのは、このような形ででも復活させることができるのです。
「支持率低下も改革まっしぐら 大統領選の全公約に着手」(産経新聞2017年11月14日)

 昨年、スウェーデンがロシアの脅威を理由に徴兵制を復活させていますが、実際のところ、ロシアがスウェーデンに侵攻するとは思えず、政治的な思惑があるとしか思えません。昨今、実際にロシアが侵攻しているのは、グルジア(ジョージア)、ウクライナであり、旧ソビエトの勢力圏のみです
「ロシア人が多く居住しているから、そのロシア人を守るためだ」――この正論がなければ、いかなロシアであろうとも、理由もなく戦争や侵略に踏み切る事はできないのです。戦争には、それを始めるだけの正当な理由が必要なのです。その点では、日本の安倍がよほど挑発しない限り、北朝鮮が日本を侵略する理由はないのです。

 しかし、平時から不足している場合はともかく、実際の戦闘が行われることによって志願兵のみでは成り立たなくなれば、体験入隊としての徴兵は、そのまま兵士として動員するための徴兵に格上げされることになります

 日本の場合に置き換えてみれば、
「危機意識を高める」などというのは日本の極右勢力が好んで用いられるフレーズです。とかく極右勢力は日本国民が危機感がないと嘆いています。
 そういえば、前防衛相の稲田朋美も徴兵制導入を主張していました
 マクロンの発想もそうですが、徴兵は国民支配の道具でもあります。

 現在、今の日本国憲法の下では徴兵制は意に反する苦役(憲法18条)に該当する違憲です。
 しかし、安倍政権が狙っている憲法9条改憲が実現してしまうと話は変わってきます。
「自衛隊」が明記されたことを前提に憲法18条も解釈されるため、憲法に「自衛隊」が明記される以上、入隊することを義務づけることは苦役とは言えないという解釈になるわけです。安倍政権お得意の解釈改憲によって違憲としてきた徴兵制を合憲解釈に変更するという手法もあり得ますが、今、安倍政権が狙っているのは憲法9条改憲による自衛隊の性質の変更です。専守防衛から他国攻撃型の自衛隊に変えることです自衛隊に戦争という無差別大量殺人を実行させるということです。いかにも安倍が喜びそうな発想ですね。

 自衛隊は、集団的自衛権行使による現実の戦闘が遠からず見込まれています。若者の自衛隊離れも著しく、いずれこのままでは軍隊として維持できなくなります。
 徴兵は軍隊を維持するために常にその導入の是非が言われているものですが、実際の死を前提とした戦闘がなされるのであれば、アメリカのように格差社会を拡大させて貧乏人を軍隊に誘因するか、そうでなければ徴兵という方法で軍隊に国民をぶち込むかでしか維持できなくなるのです。

 極右勢力は、日本では絶対に徴兵はないなどと何故かムキになりますが、何故、政治的決定権もない連中が、絶対にないなどと言えるのか不思議です。腹の中ではそう願っており、図星を突かれてカッとした挙句、
「徴兵はない!」と嘘をついているだけの事でしょう。安倍晋三と同じ嘘つきです。右翼が主張するのは、
「その根拠は先進国で徴兵制を導入しているところはない」という聞き飽きた綺麗事だけです。

 フランスが徴兵制復活というのも、その意味ではショッキングなことです。徴兵に現実味を与えてしまったからです。
 私たちも同様の状況に置かれかねないということです。特に憲法9条に「自衛隊」が書き込まれた場合には
 憲法9条に書き込まれた「自衛隊」は、今の自衛隊ではありません。専守防衛の枠を超えた、他国を攻撃するための「自衛隊」に生まれ変わるのです。

巡航ミサイルに空母とは、憲法9条改憲を既に先取りしてしまっている憲法違反である。安倍が憲法に書き加えようとしているのは他国攻撃型の自衛隊だ」――そう世界の識者が懸念しています。

 そこには徴兵制の影がいつも見え隠れするわけです。誰も専守防衛の枠を超えた戦闘に参加したいなどとは思わないですから。
 安倍による憲法9条の改悪こそが徴兵への道を開く突破口ということになりかねない危険性があるものなのですが、フランスでの徴兵が導入されようとしていることが何よりも現実の危険性を示してくれました。

 憲法9条に「自衛隊」明記しても現状を変えないなどというのは大ウソであり、そこには徴兵制の闇が潜んでいるのです。

まか

マクロンの発想は、ナチス・ヒトラーと全く同じである。


img072.jpg

正しい日本の歴史、戦争当時の事実を知るために、日本が世界に誇る反戦・平和主義・核兵器廃絶主義のマンガ、「はだしのゲン」を読もう!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takiginohmotomas

Author:takiginohmotomas
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター

カウンター

現在の閲覧者数: