FC2ブログ

記事一覧

戦争目的の挑発

戦争目的の挑発

   ―トランプと安倍の陰謀―


以下はブロガー政治学者さんからお借りしました。

 トランプが発表した「エルサレムはイスラエルの首都」発言は、明らかにパレスティナ人と全世界のイスラム教徒への挑発行為である。

 実際に、その直後にイスラエルに虐殺されなぶり者にされ侮辱され苛め抜かれているパレスティナの人々は、この発言に抗議してデモに突入し、ここぞとばかりにイスラエルがそれを攻撃して、既に4人もの罪もない人々が惨殺され、1,000人もの人々がイスラエルの暴力の犠牲になっている

 既に全世界の識者が指摘している

トランプはネタニヤフと共謀して今回の理不尽なイスラエル寄りの発表をした。こんな事をすれば、当然、パレスティナの人々は抗議するだろうし、世界のイスラム教徒が敵意を燃やし、テロ行為が頻発するだろう。
 そうなれば、残酷で狡猾なネタニヤフとトランプとは、それを理由にさらに残酷な武力攻撃を仕掛け、戦争にでもなれば嬉々として大量の兵器を導入し、多くのイスラム教徒やパレスティナの人々を惨殺するだろう。
 トランプの挑発行為は、最初から戦争の火種を撒く目的でなされた物だ。」

 口先では、
「アメリカをテロから守る」
「パレスティナとイスラエル間の恒久平和に貢献する」と主張しているが、トランプのしている事は残酷で不当な挑発行為による戦争の誘導に他ならない。


 日本の独裁者、安倍晋三も同じである。

 中国・韓国へのバッシング、北朝鮮への執拗な非難と「圧力」の名を借りた「挑発行為」。それは後藤さん達を意図的に惨殺されるよう誘導した安倍の残忍な画策と全く同じ発想である。

 安倍の挑発は、決して「国防」のためでもなければ、「平和」のためでもない。「戦争」の回避目的でもない。
 
 このおぞましい嘘つきの本当の目的は、トランプ同様、戦争を誘導する事により、日本を戦争に巻き込み、実際に戦争する事によって、日本の国民を戦争から守っている平和憲法を、実質的に無力化する事だ。


 現在、全世界がアメリカのトランプの残酷な宣言を非難し、日本の安倍の独裁政治を非難している。

 トランプが武器商人とユダヤ人に忖度した残酷で卑劣な商売人だとすれば、安倍晋三はアメリカに忖度した、残忍な軍国主義独裁者なのである。

とらn

あべげ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

takiginohmotomas

Author:takiginohmotomas
FC2ブログへようこそ!

アクセスカウンター

カウンター

現在の閲覧者数: